実家で独立開業したフリーランスが親に払う賃料は経費にできる?

税務関連

こんにちは!
クリエイター特化税理士の三橋裕樹です!

賃貸物件を借りて
自宅兼事務所としている場合

仕事で使っている割合分だけ
賃料を経費にすることができます。

家事按分というやつですね!

ただ世の中には
実家で仕事をしている
フリーランスの方も多いかと思います。

毎月数万円の生活費を親に払っても
仕事とは関係ないのでもちろん経費にできませんが

ちょっと気になるのは
仕事スペース分の賃料を親に払っている場合ですよね。

これは経費にできるんでしょうか?

持ち家の場合

実家が持ち家で
親と一緒に生活している場合には
家賃を親に払っても経費にできません!

税務用語では
「生計を一(いつ)にする」なんて
難しい言い方になっちゃうんですけど

ザックリ言えば
親族と同居してるなら
〇〇家っていう同じサイフで生活してるよねと判定されます。

(現物の財布とはまた別の話です)

ということは親に家賃を払っても
同じサイフの中でお金が移動しただけ。

なので経費性があるとは言えないんです…。

これを認めてしまうと
親族とのお金のやり取りが全て経費になりますからね…。

そのため、実家にある自室の一部を
仕事スペースとして使っていても経費にはできません!

賃貸の場合

実家が賃貸の場合は
親と一緒に生活をしていても
家賃を経費にすることができます!

ややこしいですよね…。

実家が賃貸ということは
賃料を毎月外部の会社に払っているということ。

つまり、家庭内でお金が循環してるわけじゃなく
〇〇家という一つのサイフから
お金が外に出ていってることになります。

そのため賃料のうち
仕事で使っている割合分は
経費にすることができることに。

ただ、客観的に見れば
「本当に払ってるの?」と疑われやすいので

なるべくなら親への支払いであっても
賃料は預金口座での振込をオススメします!

水道光熱費や固定資産税は経費にできる

この考え方をもとに考えたいのが
水道光熱費や固定資産税。

こういった支払いも
自分が親に払った金額のうち
仕事で使っている割合分は経費にすることができます!

(お金を払った外部証拠も残しておきましょう)

また、作曲家さんや演奏家さんであれば
実家の自室を防音部屋に改修することもありますよね。

これは完全に仕事のための出費なので
全額経費にすることができます。

(生計を一にする親に払ってもらったら経費にはできません)

ちょっとテクニカルな話ですけど
実家でお仕事をしている人は参考にしてみてください!

 

◆新しいこと

ある契約の締結。