正解を教えてくれる人がいない一人仕事だからこそ気を付けたいこと

独立開業

こんにちは、三橋裕樹です!

人を雇わず仕事。
専門家に頼らず解決。

個人事業主として独立開業し
自分一人でビジネスをやっている人は多くいますが

一人で仕事に関わる全てを対応するのって
気楽なようでなかなか大変なところもあります。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で毎月相談し放題!)
【クリエイター特化税務サービス】

税務顧問(料金改定!)
確定申告(記帳、確定申告を丸投げ!)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

正解がイマイチ分からない

自分一人で仕事をこなしていると
正解がイマイチ分からないものです。

試験問題であれば
独学だろうが正解が用意されていて

手順通りに正しい答えを導くことで点数がもらえます。

ただ、社会に出てビジネスをしてみると
正解を教えてもらえないというケースの方が圧倒的に多く…。

(そもそも正解ってナンダ?という場面も)

独立開業後の記帳・確定申告はまさにそうで
ほとんどの方にとって初めてチャレンジするもの。

もし間違っていたとしても確定申告自体はできるので

何年も間違えたまま申告していた、という人も少なくないでしょう。

自己レビューは見逃しやすい

これは前職で痛いほど学んだことですが、
自分で自分の成果物をチェック(自己レビューといいます)すると

他の人の成果物をチェックするときに比べて
明らかにチェックの精度が悪くなります。

自分の中ではしっかりチェックしたと思っていても
後から他の人に見てもらうとミスがポロポロ出てくるもの。

特に「上手くやれてる」と思う時ほど
ミスを見落とす可能性が高く

私も申告書を作成したあとに
お客様と確認をしている過程でミスに気付いたことが何回かあります…。

見落としを少しでも防ぐために

過去にやらかしたミスのリストを作ったり
一晩経ってからチェックするといったことを実践していますが、

誰かと一緒に確認をする方がミスは見つけやすいですね。

相談できる誰かがいる

一人で何もかもできるのは良いことですが

ふとした時に「あれ?」というミスをしますし、
相談できる相手がいればとても心強いものです。

できるけどやらない、という選択肢ももちろんアリ。

それが税務面であれば税理士なわけですが、

士業に限らず
信頼できる相談相手は一人でも多く見つけることが

ビジネスを順調に回していくために欠かせないことなんだと感じます。

 

◆編集後記

今日は骨伝導イヤホンが届きました。

先日ネックスピーカーを返品してから「もう買わなくても良いか」と思っていたのですが、

たまたま安い商品を見つけたので購入。

音質はともかく、耳を塞がず音漏れすることなく音楽を流せるので

自宅で仕事をするときには結構使えますね。