独立してからもスーツにお金をかけるべき?

独立開業

こんにちは、三橋裕樹です!

独立してからというもの
スーツを着る機会がめっきり減りました。

完全に0ではありませんが、
一年通して20日も着てない気がします。

公認会計士や税理士は
信用して頂くことがとっても大事な職業なので、

お客様のオフィスに伺うときに
スーツを着ないなんてあり得ない!

というのが多数の考え方でしょう。

ただ、独立してからはドレスコードも自由ですし
私のような場合はお客様の職業的にスーツの方が浮いてしまうということもあります。

それに加え、リモートワークが導入されたことで
私ほどじゃなくてもスーツを着る機会が減った方は大勢いるでしょう。

そんな背景があるなかで
独立してからもスーツにお金をかけるべきなんでしょうか。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で税理士に相談し放題!)
freee利用サポート(一回5,500円で会計freeeの操作レクチャー!)
【クリエイター特化税務サービス】
税務顧問(新料金!参謀として事業をサポート!)
確定申告(間違った申告書、作ってませんか…?)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

スーツを着るのは大事な日

たまに着るくらいなら
スーツに大してお金をかけたくない、という気持ちは分かります。

ただ独立してから
スーツを着る場面を考えてみると

ほとんどの場合が正式なイベントだったり
大事なお打ち合わせの場でしょう。

(経営者の方であれば金融機関の面談など)

そのような場合こそ
みっともない恰好は避けたいところ。

高級素材のスーツを買うべきとは言いませんが、
体に合っていないスーツを着ていると良い印象を与えることができません。

逆に言うと、素材はそこそこでも
体にフィットしているスーツだとそれだけで格好良く見えます。

ネットで探せば3万円~5万円くらいでも
しっかりと体に合わせて作ってくれるお店はたくさんありますから、

1~2着くらいはオーダースーツを持っておくことがオススメです。

(私は麻生テーラーか、オンワード樫山で作ってます)

スーツを着なくてもジャケットは欲しい

スーツを着ることが全くない方でも
ジャケットは良いモノを持っておいた方が安心です。

最低でも1着持っておけば
お打ち合わせ時に着る服に困りませんし

ビジネスカジュアルにも使えます。

Zoom会議でも
無地Tシャツの上にジャケットを羽織るだけで

なんだかきちんとした人みたいに見えるので
もはや魔法のアイテム。

スーツを着るのが嫌な人は
ジャケットを着るのもあまり好きじゃないかも知れませんが

相手の信用を勝ち取りたい時には
勝負服としてジャケットを羽織りましょう。

スーツだって悪くない

以前、こんな記事を書きました。

たまにはスーツで気持ちを引き締める
こんにちは、三橋裕樹です! 今日はとある企業様にお伺いするため 久しぶりにスーツを着ています。 たまにはスーツを着るのも大事ですね。 気持ちを引き締める 正社員として働いていたころは 平日はスーツが普段着でした。 ...

そりゃ私服の方がラクですが、
スーツにだって良さがあります。

完全にスーツを必要としない生活も良いですが、
たまに着るくらいであればそんなに悪いものではなく。

独立したからといって
スーツ0の生活に拘る必要はないかと思います。

バランス良くいきましょう。

 

◆新しいこと

整骨院近くのパン屋さん。