スーパーで買った肉・野菜といった食材も経費にできる?

税務関連

こんにちは、公認会計士・税理士の三橋裕樹です!

税務関係のお仕事を引き受けると、本当に様々なレシート・領収証を目にします。

事業主様が「これは間違いなく仕事に関連した支出です」と強く断定するようであればこちらとしてもその主張を信じることになる訳ですが、それでも「流石に無理があるのでは…?」という支出もあったりします。

例として、自宅近所にあるスーパーやコンビニのレシートなど。

客観的に見たら「夕飯のおかずでも買ったのかな?」って思いますよね。

ただ、こういったものでも経費になる可能性があるのが税務の分かりにくいところです。

生活用品は経費にならない

そもそもの話になってしまいますが、生活用品を購入するための支出は経費になりません。

事業を営んでいなくても発生するであろう支出として扱われてしまうため、事業に関連した支出という性質に当てはまらないためです。

具体例でいうと、通常の飲食代、ティッシュ等の消耗品、寝具、洋服代、趣味に費やした支出など。

税理士が関与していないような事業主様はもしかしたらこういう支出も経費に入れているかも知れませんが、税務調査では必ず突っ込まれることになるでしょう。

会議費の余地あり!?

そうは言っても、「絶対に経費にできません!」という訳でもないです。

例えば、自宅兼事務所で活動されている事業主様が、取引先を自宅に招いて打ち合わせをしていたとしましょう。

その打ち合わせが長引いて、「じゃあ食事でもしながら続けましょうか」なんてことになった場合には、その食材代は会議費としての性質を有する可能性があります。

もちろん実態がなければアウトですが、「〇月×日、17時~21時まで△△様と食事をしながら打ち合わせ。」(議事録も保管)という証拠があるのであれば否定する方が難しいでしょう。

 

他にも、オフィスによってはキッチンが設置されているところがあったりします。

(余談ですが、イケイケなベンチャー企業にお邪魔すると高確率でバーカウンター的なスペースがあります)

各プロジェクトに関与している様々なスタッフがオフィスに出入りし、昼夜問わず作業しているような場合には近くのスーパーで食材を買ってきて打ち合わせしながら食事を取るなんてこともあるでしょう。

そのような場合には、スーパーの買い物代を会議費として計上することに問題はないと考えます。

結局のところ実態があるかどうかが大事

一見経費に見えない支出であっても、事業に関連した支出としての実態があれば経費に計上する余地があります。

逆に言えば、一般的に経費と考えられる支出であっても、実態がないのであれば経費にすることはできません。

パソコンの購入費用であっても、それがプライベート用であれば経費にできないことと同じ話です。

こういった判断は一度曖昧にしてしまうとどんどん公私混同するようになってしまいますので、「実態のないものは経費に入れない」というブレない軸を持つよう心掛けるようにしましょう!

 

◆余談

今日は久しぶりに10時半頃まで寝ていました。ぐっすり寝た感覚はあったのですが目覚めはイマイチ…。睡眠の質を向上させることは永遠のテーマになるかも知れません。

主に書類整理に時間を費やした1日でした…。基本的にデータ化できるところはしていっているのですが、まだまだ根絶することはできません。それでも、できるところから少しずつ…!!