独立するよりも会社員でいた方が精神的に穏やかでいられるかも…?と思う人

独立開業

こんにちは、三橋裕樹です!

今年で独立3年目になりますが
良いことも悪いことも色々経験し、なんとか食べていけてます。

独立することのメリットはたくさんあるものの

この人は会社員でいた方が精神的に穏やかでいられるかも…?
と思うような人の傾向もあるわけで。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で毎月相談し放題!)
【クリエイター特化税務サービス】

税務顧問(料金改定!)
確定申告(記帳、確定申告を丸投げ!)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

責任をなるべく負いたくない人

まず責任をなるべく負いたくないのであれば
独立して自分でビジネスをすることはオススメできません。

会社員の時は何かがあっても
(一応)会社の看板や上司が自分を守ってくれるので

自分に全責任が負わされるというのはあまり無いかと思います。

会社の信用が大きければ即契約解除ともなりませんし

上司の指導・管理不足でミスが発生した、という逃げ道もありますしね。一応。

これに対し独立して自分でビジネスを営むと
誰かに責任を負ってもらうことはできず

自分が矢面に立たなくてはいけなくなります。

私のようなメンタルが強くないタイプだとこれがやっぱりキツイ…!

特に自分の知識や能力が不足していたことで
お客様が損をしてしまったなんて時には

謝罪をしても数日間は心臓を抉られるようなキツさがあります。

(私だけかも知れませんが…)

自分を律するのが苦手

自分を律するのが苦手な人も
会社員でいた方が成果を発揮できるように思います。

会社員の時には周りの目だったり
自分の上司からの評価が抑止力となって

「眠いからサボる」なんてことはあまりできませんが、

独立してしまうと
自分がトップなのである意味やりたい放題!

私のように一人で仕事をしている場合にはなおさらです。

従業員やパートナーがいたり
お店の開店時間が決まっていたりすれば

自分の行動や生活を良くも悪くも制限してくれますが…

自由さを求めて自分一人で気楽にやる!
なんて人はYoutube観てたら一日が終わったなんてこともあるわけで。

私も独立開業間もない時にやらかしたことがあります。

いつかは働かないと食べていけなくなるので
どこかでエンジンがかかるでしょうけど、

やっぱり普段から自分をコントロールするのが苦手ということであれば

会社員として働いた方がより良い成果を出せるのではないでしょうか。

毎月の収入に不安を感じたくない

何よりも辛いのがコレです。

独立すると収入の変動が大きいため
開業間もない時やタイミングが悪いときは「来月は1円も入ってこない」なんてことになります。

会社員であれば
クビにならない限り毎月仕事がもらえて

安定したお給料が毎月振り込まれますので

お金をどれだけ貯金するか
どれだけ使うか

こういったことがイメージしやすいです。

でも来月お金が入ってこないかもしれない、なんて不安があると
お金を自由に使うのも勇気がいるもの。

(2020年からはコロナがあるのでなおさら)

開業初年度から莫大な収入を得る人もいますが
みんながみんなスーパースターになれる訳ではありません。

終身雇用が崩壊したといっても
会社を転々とステップアップしていく道は今後も残るでしょうから

あえて生活に不安を感じるようなことをしたくないのであれば独立しない方がオススメです。

一部の華やかな人達が
全力でフリーランスをオススメしていますが

自分の性質や人生における優先度によって
独立することが良いか悪いかの答えも違ってきます。

ただ、独立して失敗したとしても
また会社員に戻ることもできますので、

一度はフリーランスになってみるというのもアリかも知れませんね!

 

◆新しいこと

夢をみる島DXのRTA動画視聴。