1つの仕事が嫌になった時に逃げ込める2つ目の仕事

独立開業

こんにちは、三橋裕樹です!

今日は会計士業のお仕事。(実はこっちが本業)

最近1ヶ月くらいは
確定申告業務ばかりやっていたので

大事な仕事と分かっていても
「あぁ今日もか」という気持ちが若干ありました。

そんな時に手を付けられる別の仕事があると良いリフレッシュになります。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で毎月相談し放題!)
【クリエイター特化税務サービス】

税務顧問(料金改定!)
確定申告(記帳、確定申告を丸投げ!)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

申告期間中はマンネリを感じやすい

私は確定申告の案件を
大量に請け負っているわけじゃないですが、

何個も何個も確定申告書を作っていると
どうしても目新しさが無くなってきます。

案件が終わるたびに
ボスを倒したような達成感はありますし

お客様それぞれ所得の内容も控除項目も違いますが

結局やっている仕事の中身が変わるわけじゃないんですよね…。

顧問のお客様と事業の状況だったり
今後のビジョンについてお話をしている時は楽しいんですが

申告書を作るときって
どうしても事実確認と資料依頼のコミュニケーションになりやすく。

ワクワクをあまり得られない状態で
作業をひたすらこなすというのはマンネリを感じやすいものです。

別の仕事にガッツリ集中してリフレッシュ

そして冒頭に書いたとおり
今日は1ヶ月ぶりくらいに会計士業のお仕事だったんですが

私のなかでは
かなり良いリフレッシュになりました。

きちんとオフの日を作っていても

同じ仕事をやり続けると
お腹いっぱいになってしまうようなので

別の仕事にガッツリ集中するという
逃げ道はあらかじめ確保しておいた方が良いですね。

独立してからは
税務関係の仕事ばかり営業してましたが

会計士業の仕事にも
もう少し力を入れていかなきゃと感じます。

別の仕事を持っていると精神的な支えになります

私の場合は似ている点も多いですが
会計・税務と別の仕事をそれぞれ持っています。

二足の草鞋みたいな話ではあるものの

片方で業績が伸び切らなくても
2本以上の柱を持てば自然とトータルの売上が伸びますから

やっぱり2つ以上の仕事があるというのは良いものです。

ただ業績的な面だけでなく

ある仕事で行き詰まったときに
打ち込める別の仕事があるというのは精神的な支えになってくれるので

ぜひ2つ以上の仕事を作っていきましょう。

 

◆新しいこと

LE CHOCOLAT DE H (ル ショコラ ドゥ アッシュ)のチョコレート。