〇〇オタクの人こそ大成する可能性が高いと信じている理由

学習・効率化

こんにちは、三橋裕樹です!

先日お客様とお打ち合わせをしてから

あらためて好きなことを仕事にできる人は本当に強いと感じています。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で毎月相談し放題!)
【クリエイター特化税務サービス】

税務顧問(料金改定!)
確定申告(記帳、確定申告を丸投げ!)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

好きなことに熱中できる強さ

学生の頃から変わらず信じていることが一つありまして、

それは、〇〇オタクと呼ばれるほど
何かの分野が好きで好きで深く掘り進めている人は

いずれどこかで大成する可能性が高いということ。

分かりやすい話であれば
少し前までゲームオタクと呼ばれていた人達に時代が追いつき

ゲームのプレイ動画投稿やイベントで
マネタイズできるチャンスが増えています。

そして今やプロゲーマーやYouTuberは
子供にとって憧れとなる職業の一つに。

ゲームやアニメに関しては
時代が味方したという背景もありますが、

一つのことに熱中できる人はそれだけ高い集中力を持っています。

もしその集中力を、

自分が営むビジネスや
生み出すコンテンツに向けられたら

成功できない理由を見つける方が難しいでしょう。

インプットとアウトプットの同時進行

分野は何でも良いんですが
大好きで仕方がないジャンルの話題っていくらでも語れますよね。

音楽とか、ゲームとか、
旅行とか、ペットのこととか。

そういったことって
勉強しなきゃ!と義務的に学ぶものではなく

ふとした時にSNSを開くようなカジュアルさで
新しい知識をグングン吸収していきます。

そして新たに身につけた知識を
同じコミュニティの仲間とシェアし合うことで

インプットとアウトプットを同時進行で積み重ねていく。

この好循環を繰り替えせば
自然と深い知識も身に付くので、

好きで仕方ないことになると
些細なことでも意識せずに覚えているというのは当然の話なのかも知れません。

好きなことをビジネスに結び付ける

私もありがたいことに、
好きな業界をサポートする仕事で食べていけてます。

税務そのものが大好きというわけでもないのに
今楽しく仕事ができているのは、

やっぱり自分の好きなこととビジネスが繋がっているからかなと。

今後ますます個として活躍することが求められるなかで

〇〇オタクというのは
自分が活躍するための大きなきっかけになるのではないでしょうか。

 

◆新しいこと

スコーン専門店のスコーン。

よつばと!新刊。

ウマ娘 プリティダービー URAファイナルズ勝利。