忙しいときこそ繁忙期明けを意識した体調管理

疲れた時・体調管理

こんにちは、三橋裕樹です!

1月は源泉所得税の納特があったり、
法定調書の提出、償却資産の申告があったりと、

なかなか落ち着きがない時期ですよね。

今年はコロナによる固定資産税の減免申請もありますし、

これに加えて自分の会社や
お客様の会社が12月決算だとさらに大変…!

新年早々そんなこんなで
忙しない日々を送っている方も多いかと思いますが、

繁忙期明けを意識した体調管理をしっかり心掛けましょう!

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で税理士に相談し放題!)
freee利用サポート(一回5,500円で会計freeeの操作レクチャー!)
【クリエイター特化税務サービス】
税務顧問(新料金!参謀として事業をサポート!)
確定申告(間違った申告書、作ってませんか…?)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

繁忙期中は意外と乗り切れる

前職での経験を踏まえると、
繁忙期中って意外と乗り切れちゃったりします。

期限に追われて
火事場の馬鹿力が出ているような感じで、

睡眠時間を削っても
不摂生な生活をしても、

危機的な状況に立っている間は
「やらなきゃ」という意識に突き動かされ、進み続けられることが多いです。

(精神的にはとってもよろしくないコンディションですが…)

ツケは繁忙期が終わった途端に来る

ただ繁忙期中に溜め込んだツケは
意識が緩んだ瞬間、一気にのしかかってきます。

繁忙期明けの休日は泥のように眠った、
くらいの話ならまだ良いんですが、

燃え尽き症候群になって動けなくなったとか、
症状の重い風邪になってしばらく復帰できなかったとか、

そういった可能性が
いつもと比べて一気に高くなるわけです。

目の前の仕事を蔑ろにはできませんから、

無理をしなければ乗り越えられない状況に陥ってしまったら
それはもう仕方がないことと捉えるしかないんですが、

一つ仕事が終わっても
また次の仕事が待っている以上、繁忙期を抜けた後のことにも意識を向けなくてはいけません。

余裕が無くても取り入れた方が良いこと

睡眠時間を思うように取れないくらい忙しい、、、

そんな時でも
取り入れた方が良いのは以下のこと。

  • 浴槽にはできる限り長く浸かる
  • 入浴剤を入れる
  • 寝具や寝室の環境に少しこだわる
  • アロマディフューザーを焚く
  • お昼休みは10分でも寝る
  • 肝臓エキス系のドリンクを飲む
  • 少しでも美味しく感じるご飯を食べる

お風呂や睡眠は分かりやすく疲れを癒してくれる場なので、
その環境を整えるのが何よりも大事!

10分程度の仮眠を取ることも
長い戦いとなる午後以降を乗り切る充電になりますし、

肝臓ドリンクに関しては
私自身が飲んでいた時、大きく体調を崩すことが一気に減ったのでオススメです。

(今は味の好みで黒酢に切り替えましたが)

また、ご飯をじっくり取る時間すら惜しいときでも、
少しでも美味しいご飯を食べましょう。

今はUberEatsのように便利なサービスも発達してますから、
短期的には栄養バランスを度外視してでも

自分が「あ、美味い」とちゃんと感じられるご飯を食べることが、
精神的にも肉体的にも元気を与えてくれます。

これに限らずですが、

自分のなかで「これやると気分が良い」と思えることを
繁忙期中から少しずつでも積み重ねることで繁忙期後のダメージを少しでも軽減していきましょう!

 

◆編集後記

今日は初めてJDLをきちんと触って、法定調書関係・償却資産の申告を一日やってました。

JDLは必要な機能だけを選んで課金ができるのでコスト面での使いやすさはあるんですが、

マニュアル的にも操作的にも、freeeに慣れてしまっていると「うーん」という面が多いですね…。