外出の機会が減ったからこそ、出掛ける時はお気に入りの服を着たい

お金の使い方

こんにちは、三橋裕樹です!

外出の機会がめっきり減ったことで
ファッションにお金をかける必要がほとんど無くなりました。

オシャレな服を買っても
緊急事態宣言があったり人混みを避けたりで

なかなか着れるシーンがないですからね。

なので私も新しい服はしばらく買っていませんが
出掛ける時はお気に入りの服を着るようにしています。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で毎月相談し放題!)
【クリエイター特化税務サービス】

税務顧問(料金改定!)
確定申告(記帳、確定申告を丸投げ!)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

機能性ならそりゃジャージが一番

こんなご時世を合理的に生きるなら
そりゃジャージを買うのが一番です。

シルエットが綺麗な有名ブランドものでも
上下セットで2万円しないものがほとんどですし

家の中でも外でも
快適に生活することができます。

それでいて耐久性があって
洗濯しても乾きやすい。

なんならパジャマにしている人もいると思います。

とあるブロガーの方が
毎日ジャージで過ごしているという話を聞いたことがありますが

とっても合理的な選択だと思いますし
ミニマリストであれば理想の生活ではないでしょうか。

合理的だけが生活?

一年中ジャージだけを着る生活。

ちょっぴり憧れはあります。
ジャージ大好きですから。

ただ、私の場合たまにはオシャレを意識しないと
生活全てに緩みが出てきます。

以前こんな記事を書きました。

たまにはスーツで気持ちを引き締める
こんにちは、三橋裕樹です! 今日はとある企業様にお伺いするため 久しぶりにスーツを着ています。 たまにはスーツを着るのも大事ですね。 気持ちを引き締める 正社員として働いていたころは 平日はスーツが普段着でした。 ...

まさに先週、数ヶ月ぶりにスーツを着ましたが
やっぱりパジャマで仕事している時と比べて気持ちの締まり方が全然違います。

仕事に対するアグレッシブさも出てくるような。(錯覚かも?)

これと同じで外出の機会が減ったときこそ

ショッピングやディナーなどお出掛けする時くらいは
お気に入りの服を着て気持ちを高めた方が生活にメリハリや彩りが出るような気がします。

勿体ないと思うと着れずに終わる

お気に入りの服って
やっぱりちょっと値が張るものが多いですよね。

素材感やシルエットを意識すると
それなりに値段が高くなってしまうのも頷けます。

そしてお高い服であればあるほど
普段使いするのもちょっと遠慮してしまいますが

こんな時だからこそ積極的に着まわしていきましょう。

来年以降も元気に生活できている保証はありませんし
数年先にはまた別の好みに変わってしまうかも知れません。

(これを理由に浪費するのはNGですが…。)

セミナー代や書籍代に比べて
ファッションにお金をかけることは無駄遣いと言われやすいですけど

自分の理想とする生活を送るために
自分が稼いだお金を好きなものに使うことはむしろ良いことのハズ。

ファッションが好きなら
きちんと稼いで、たくさんオシャレした方が人生絶対楽しいと思います。

服に限らずですが、好きなことは積極的に楽しんでいきましょう。

 

◆新しいこと

作曲の本。