株式会社、合同会社 どっちにすべき?

融資・経営支援

個人事業がある程度順調に拡大していくと、法人成りを検討する機会が多くなります。

法人成りすると、超過累進税率とオサラバできる、役員報酬が支給できること、持ち家の社宅制度、旅費規程による出張手当の支給等、様々なメリットがあるので私としてもオススメします。

ただ、法人成りする場合に一度検討すべきなのが株式会社、合同会社のどちらを選択するのか、ということ。

そもそも合同会社ってナンだ?

まだまだ知名度が高くない合同会社。初めて聞いたという方もいるかも知れません。

合同会社というのは、ザックリ言うと出資者全員に経営権がある法人の形態のことを指します。

株式会社であれば、出資者(=株主)により選任された役員が業務の執行を行うことになりますので、役員が出資者である必要はありませんよね。また、議決権数も株式の保有割合に応じて決まります。

一方、合同会社における出資者は全て社員と扱われ、株式会社でいうところの役員として業務を遂行することが求められます。また、何かを決議する際には社員1人1票のみが与えられることになります。

つまり、合同会社の方が出資者一人一人の権利・責任が重くなるということですね。

株式会社・合同会社の違い

他にも設立費用や役員の肩書等、それぞれ違いがあります。

株式会社 合同会社
定款認証費用 50,000円(+謄本手数料) なし
登録免許税(資本金*7/1,000) 150,000円~ 60,000円~
役員・出資者の肩書 取締役・監査役 社員
役員の任期 最長10年 任期なし
世間的な信用力 高い あまり高くない
決算の広告義務 あり なし

上記表のとおり、最低金額で設立しても合同会社の方が140,000円安く設立することができます。この差は大きいですよね。

それでも多くの方が合同会社ではなく、株式会社を設立することを選びます。

その理由は諸々ありますが、私個人の体感としては以下が多いですね。

  • 信用力を得るために法人を設立するため、より信用力が高いイメージのある株式会社が良い
  • その人の周りに合同会社を知らないお客様が多い
  • 取引先都合で、株式会社じゃないと決裁が下りないと言われている
  • 何だかケチってる印象があって、儲かって無さそうに見える
  • 今後規模の拡大を考えており、いずれは上場も見据えている
  • 代表取締役の肩書がほしい
  • 業界イメージ的に、株式会社の方がウケが良い(合同会社ってなんかダサい)

根本的に合同会社に対する理解がまだまだ浸透していないため、株式会社にしておいた方が無難というのは否めません。

最後の2つは「そんな理由で…」と思うかも知れませんが、これが意外と大事。

自分の法人・肩書に愛着を持てないようであれば営業活動を頑張る気持ちも起きませんし、若者らしさを全面に押し出す必要のある業界において「ダサい」のは致命的です。

なので、結論としては一人(もしく極少数)で事業を運営していく予定であり、特段取引先の都合を考えずに活動ができる場合には設立費用が安く広告義務もない合同会社がオススメです。

ただし、まだまだ国内においては株式会社派の方が圧倒的に多いので、そのあたりをよく踏まえて選択するようにしましょう。

 

◆余談

梅雨のせいか、頭痛に悩まされることが増えてきました。あまり薬に頼るのは良くないことですが、ついつい頭痛薬に手を出してしまいます…。

久しぶりに高校時代の知人から電話。色々な話をしましたが、キャッシュをいつでも自由に動かせることの強みを再認識しました。

妻が通っていたヨガスタジオがコロナの影響で閉店するそうです。県外への移動が解除されたとはいえ、スタジオというハコに収容できる人数が大幅に減少したこともあり、コロナ騒動前の売上を確保することが非常に難しいのでしょうね。