「記帳・確定申告だけ」を頼むリスク。毎月サポートしてもらわなくて大丈夫?

税務関連

こんにちは、三橋裕樹です!

この時期になると、
「記帳・確定申告だけ」を依頼されるお客様が増えてきます。

ビジネスに大きな変化がない場合や、
潤沢に資金があるような場合であれば、

顧問税理士を雇うほどじゃないよなとは思っていますが、

「記帳・確定申告だけ」を依頼する場合には、
それ相応のリスクがあることも認識しておかなければなりません。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で税理士に相談し放題!)
freee利用サポート(一回5,500円で会計freeeの操作レクチャー!)
【クリエイター特化税務サービス】
税務顧問(新料金!参謀として事業をサポート!)
確定申告(間違った申告書、作ってませんか…?)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

申告書の中身を何も理解できない

確定申告プランを用意している
税理士事務所はたくさんあります。

クリエイター業界でも良くみかけるのは、

  1. Excelシートに必要事項を記入
  2. 書類を一式送付
  3. 記帳・確定申告まで一気に完了!

こういったサービス。

スピーディですし、分かりやすい。
値段も安くてお客様も利用しやすい良いサービスだと思います。

一方で、このプランで提供されるサービスは
記帳・確定申告の”作業”です。

そのため、
記帳や確定申告に関する質問等をすることも質問されることもなく、

ある日確定申告が終わったという連絡とともに、
成果物が届いて終わりということが多いそう。

(報酬相応のサービスなので問題はありません。)

税理士からめんどうな質問もこないですし、
多少おかしな領収証が紛れていたとしても突っ込まれることがないので、

とっても気持ちが楽なプランではあるんですが…

税金のことを何も知らないまま
そのプランを利用し続けてしまうと、

納税額(もしくは還付額)がいくらになるかくらいしか興味がなくなってしまう方がほとんどでしょう。

そうなると申告書の中身を理解できるようになるはずもなく、
間違った申告書を受け取っても「何が間違ってるのかさえ分からない」という状況になりかねません。

私は確定申告プランであっても
気付いた範囲で相談・提案させて頂くようにしてますが、

それでも顧問契約に比べると
手厚いサービスができるわけではありません。

(そもそも、連絡されるのが嫌、と言う方もいますので…)

家事按分や経費判定が適当になりやすい

また、これもよくある話で
家事按分や経費判定が適当になりやすいです。

家事按分は本来、
按分するための比率を合理的に計算したうえで算出するものですが、

確定申告プランの場合は
その比率算定を指導するような立場にいませんから、

「一般的には〇〇%ですね」と決め打ちで処理されてしまうこともありますし、

大した根拠もなく納税者の方が「〇〇%」といったことを
そのまま採用してしまう場合も多いです。

 

経費性の判定についても
個人事業主の方のお話を聞く限りでは、

・「事業に関係する領収証しか入ってない」という性善説的に処理する
・怪しいと思った領収証は勝手に弾く

このどっちかが多いようです。

考えてみればそれも仕方のないことで、

そのように処理しないと顧問契約と同じように
何度も何度もコミュニケーションする必要が出てきますので、

スムーズに確定申告を作ることができず、
大量の申告案件を期限内に捌ききれない可能性がありますからね…。

 

基本的に確定申告が終わってしまえば、
その年の申告内容について深堀りする熱も冷めてしまいますから、

結果的に家事按分や経費性のことが
なんだか良く分からないまま翌年を迎えることが多いのではないでしょうか。

固定資産税(償却資産)申告の存在を知らない

また、確定申告プランだと
なかなか教えてもらえない話のひとつに、固定資産税(償却資産)の話があります。

固定資産税(償却資産)というのは
ザックリ言うと、

その年の1月1日時点で
固定資産(土地・家屋、車・バイク以外)の金額が150万円を超える場合には、

固定資産税(償却資産)の申告が必要になるというもの。

 

(詳細はこちらでご確認ください。)

 

所得税、法人税、消費税、事業税に比べて
圧倒的に認知度が低いので、

名前を聞いたことすらないという人も結構いるようです。

となると当然、
固定資産税(償却資産)の申告もしておらず…。

そのような場合であっても、
確定申告プランを依頼した場合には、

「固定資産税(償却資産)の申告しなくちゃですよー」

と教えてくれないことがほとんどでしょう。

これもサービス対象外ですから、仕方ないといったところです。

顧問契約は包括的なサポート

これらを踏まえると、

税金のことをよく知らない人は
最初の数年間だけでも顧問契約がオススメだなと思います。

ただでさえ税金に対して前向きな気持ちになれないのに、
さらに報酬で高いお金を出すのも抵抗があるものですが、

苦手な分野だからこそ専門家に毎月きちんと見てもらって、
少しでも気になることがあったら気軽に聞けるようにしておくことが大事だと思います。

それを数年積み上げれば、
「そろそろ〇〇の時期ですね」と分かるようになりますので。

確定申告プランは確かに安くて便利なサービスではありますが、
きちんと良し悪しを考えて依頼するようにしましょう!

 

◆編集後記

今日は仕事の合間に、妻が最近始めたあつ森のプレイを横で見てました。

のどかで可愛らしくて、本当に良くできたゲームだなぁと思います。