カレンダーに左右されない方が仕事も勉強もうまくいく

学習・効率化

こんにちは、三橋裕樹です!

GWが目前に迫ってきました。

正社員の頃は
GWといえば3月決算の期末監査。

連休中ずっとビジネスホテルに宿泊して
夜通し仕事をしていたこともあります。

その代わりに18連休をもらったり、
6月の平日に沖縄旅行に行ったことも。

世間が休日モードのときに
勉強する、働くというのはなんだか不公平な錯覚を起こしますが、

慣れてしまうと、
カレンダーに左右されない方が仕事も勉強も上手くいきます。

【新サービス】
LINEサポート(5,500円で税理士に相談し放題!)
freee利用サポート(一回5,500円で会計freeeの操作レクチャー!)
【クリエイター特化税務サービス】
税務顧問(新料金!参謀として事業をサポート!)
確定申告(間違った申告書、作ってませんか…?)
【公認会計士サービス】

経理コンサル(経理、財務を強化したい企業様向け)

定休日がなくてもやっていける

営むビジネスによりますが、

税理士でも私のように一人で仕事をしていれば
休日は自分で設定できます。

土日を定休日とすることで
仕事のペースを作れる、というのは理解できますが、

お客様のなかには
週末じゃないと予定が合わないという方もいるわけで。

また、この仕事はお客様から資料を受け取ってから
ようやく動き出せるというケースが多く、

その資料を受け取る日程を
こちらが100%管理することはできません。

「この日は終日決算作業!」と思っていても
その日に資料がこなければ完全に手待ちになってしまいます。

そうなるくらいであれば、

定休日を作らず仕事の進捗や状況に合わせて
働く、働かないの選択をした方が仕事がやりやすいです。

(旅行や、外せない私用は優先するものとして)

カレンダー通りに生活するストレス

私は会社員としてのキャリアは
監査法人しかありません。

冒頭に書いたように、

繁忙期は休日でも働いて
閑散期の平日に振替で休みを取る。

これが監査法人に勤務している人の働き方ですので、
カレンダー通りに生活できないことは珍しくありません。

それがストレスになることもありましたが、

よくよく考えてみると
カレンダー通りに生活する方がかえってストレスが溜まります。

休日、どこに行っても混んでますし、
12~13時にランチを食べようものなら並ぶのが当たり前。

読書のためにカフェへ行っても
長居はできません。

しかも今は人混みを避けなければいけない状況。

これを考えたら、
カレンダーの休日に縛られずに生活した方がよっぽどストレスフリーでしょう。

休日でも勉強する習慣はつけた方が良い

受験や資格勉強であっても、
大型連休に入ると気が緩みやすくなりますが、

いずれ士業のように専門的なキャリアに進むなら、
休日は遊びつつ、自己学習にも時間を割くことが求められるようになります。

優秀な人は休日こそ
周りと差をつけるブースト期間だと考えてますしね…。

特に会計士試験のような長丁場の戦いは、
大型連休であってもいかにペースを大きく乱さずに走り切れるかが大事。

そう考えると息抜きの時間は大切にしつつも、

カレンダーに左右されず
勉強する習慣はつけておいた方が間違いなく良いでしょう。

ただ、休日に根を詰め過ぎて
仕事明けや平日にパフォーマンスが落ちてしまっては元も子もありません。

疲れが溜まっている人は
しっかりこのGWでリフレッシュしつつ、

できる範囲で勉強を進めていきましょう。

 

◆新しいこと

NFTの勉強。